これだけは知っておきたい着物の柄
有職とは、平安時代の宮中の行事や儀式に関する学者、物知りという意味があり、その時代に公家の着物に用いられた柄を有職紋様といいます。 吉祥とは良いしるし、めでたいしるし、縁起のしるし、幸福のしるしということで、吉兆と同じ言葉の意味を持っています。吉祥紋様とは、不老長寿を願う中国思想から生まれた紋様です。 小紋(絣)の着物の特色は、糸を先染にしてから平織りにしますので、布地の表にも裏にも同じ柄が現れるところです。絣の持ち味は、自然に生まれる柄のずれや乱れ、つまりかすれが美しさであり、親しみのあるものにしている点です。 縞の着物には経縞、緯縞があって、縞の太さや、それぞれの組み合わせ方の違いによって、ほとんど無数といってよいほどの柄があります。また、あらゆる柄の中で一番初めに現れた紋様とも言われています。 格子は建具の格子の目をあらわした縞模様のことで、織物のたて糸でたての縞、よこ糸でよこの縞をあらわし、それを交差させた柄のことを言います。
着物買取専門店【お着物の処分にお困りなら買取実績NO.1】の福ちゃんへ